寝ながらできる、目の疲労改善マッサージ

スマホの見過ぎやデスクワーク、副交感神経の使いすぎにより、目はどんどん疲れが溜まってしまい、それにより首や肩、頭や顔の筋肉まで凝り固まってしまいますので、眼精疲労を改善するマッサージを行いましょう。

まずはリラックスした状態で床に仰向けになり、マッサージの効果をアップさせるために体の神経を緩めていきますが、お湯で温めたホットのタオルなどがあれば、目元に乗せて目のあたりの筋肉を緩めてあげましょう。

眉頭と目頭の間に親指を置いて、ぐーっと押すように刺激しますが、眼精疲労が酷いと痛みを感じることがありますから、程よい力加減で指圧し深呼吸するのがポイントです。

眉頭から眉尻に向かうように眉の上を指圧したら、親指でコメカミにぐるぐると圧をかけていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事